慶應義塾大学

いまキラキラしてなくても心配しなくていい

2021年10月13日 15:05
わたし、大学生になったら、サークルの友達と夜遊びしたり、恋人ができたり、別れたり、そういうキラキラした生活を全員が送るものだと思ってた。 でも現実は、留学も中止になって、大学の授業はたのしくないのもちらほら、サークルも離脱。予想してたものとまったくちがった。 でも、意外とキラキラしていないとおもって過ごしてた日々が自分にとってのオリジナルな青春だったりする。 わたしは、1年生のときに、いくあてもなく東京をぶらぶらしてみたり、 自粛中であった音楽とかがいまになって、記憶の中でものすごくキラキラしてる。 他人とか世間が決めた”キラキラ”にしばられなくてもいいのかも。 自分の中でキラキラする記憶が青春になるのかもね。 とふと思った
愛心跪
74
コメント7
投稿情報